飲む日焼け止め

飲む日焼け止めに副作用はあるか

飲む日焼け止め

 

紫外線から身を守る方法といってもいろいろありますが、日焼け止めクリームを使って対策している人が多いでしょう。

 

これはサプリメントのように飲むことで日焼け止めの効果が得られるという商品です。

 

日焼け止めというと塗るタイプしかイメージできない人も多いでしょう。

 

そのため飲む日焼け止めと聞くと副作用が心配になってしまう人もいるかもしれません。

 

しかし、これは薬ではありませんし、あくまでサプリメントとして販売されているので危険性はないと言われています。

 

基本的な使い方を守れば安全な商品と言えますし、体の内側から紫外線対策をしたいという人に最適です。

 

飲む日焼け止めというのは海外では以前から使用されていました。

 

日本ではまだあまり馴染みがないのですが、口コミで少しずつ広まってきています。

飲む日焼け止めは安全性が高く、副作用のような症状が出てしまうことは少ないとされています。

 

しかし、妊娠中や授乳中の人は飲めないので注意しましょう。

 

また、子供でも飲めるということですが、4歳未満の子供だとサプリメントを飲み込むことが難しいため、与えてはいけないということです。

 

さらに、商品によってはカニやエビなどのエキスを使っていることもあるため、アレルギーのある人は購入する前に成分をしっかり確認しておきましょう。

 

高血圧の人や薬を服用している人などもドクターと相談してから飲むようにするのがおすすめです。

 

飲む日焼け止めは天然成分で作られており、副作用のリスクは少ないと言えるでしょう。