飲む日焼け止め

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの効果の違い

飲む日焼け止め

 

最近何かと目にする飲む日焼け止めという言葉ですが、実際に塗る日焼け止めとはどこが違うのでしょうか。

 

言葉だけを見るとどちらも日焼け止めで肌に塗って日焼けを防止するか飲むことによって体内から防止するかのように感じられるかもしれません。

 

しかし実際には根本的に違うのです。

 

まず昔からある塗る日焼け止めは成分に紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が含まれていることにより、紫外線から肌を守っているのです。

 

購入する際に目安とするのがSPFやPAの横に書かれている数字ではないでしょうか。

 

数字が大きいほど紫外線から肌を守ってくれるイメージが強いですが、当然それだけ強い成分が配合されているため肌に負担がかかってしまいます。

 

また目安としては2時間ごとに塗り直さなくてはならなかったり塗りムラがあったり更には背中や頭皮など塗れない場所が出てきてしまうデメリットがあります。

 

次に飲む日焼け止めですがこちらは日焼け後の肌ダメージを軽減するのが主な目的となります。

 

日焼けしてしまうとシミやシワが出てきてしまいます。

 

しかし飲む日焼け止めに含まれるニュートロックスサンやリコピンという成分によって日焼け後の炎症を軽減する効果やメラニンが発生するのを抑える効果があるなど、成分が内部浸透することにより体の表面全体に効果が期待できるのです。

 

塗る日焼け止めでは難しかった頭皮や眼球までも紫外線から守ってくれるのです。

 

ノン日焼け止めは継続して服用することによりその効果が最大限に発揮されます。

 

そのため急な外出時には塗る日焼け止めを利用したりアウトドアや海水浴など一日中暑い日差しの下にいる計画がある時は両方を併用するなど、それぞれのメリットやデメリットを理解して上手に併用していくことが紫外線から肌を守る最強の方法でしょう。