飲む日焼け止め

コスパの良い飲む日焼け止めサプリは効果がない?

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めはコスパが良く使い方が簡単なので、日焼け止めクリームと比べると効果がないように感じる人がいるかもしれません。

 

日焼け止めクリームには紫外線を吸収して別の物質に変化させる成分や光を反射して紫外線が内部まで届かないようにする成分が含まれていて、陽射しが気になる時に塗ればすぐに効果を発揮してくれます。

 

しかしこれらの成分は化学物質が使われていて、UVカット機能の数値が高くなるほど肌にかかる負担が大きくなってしまいます。

 

一方飲む日焼け止めで使用しているのは口に入れても安心な天然由来成分が中心となっています。

 

有効成分の材料になっているのはシトラス系果実やローズマリー、シダ植物から抽出したエキスです。

 

これらの成分は紫外線によって増えてしまう活性酸素を抑えて炎症を鎮めてくれるので、日焼け対策に効果的です。

 

天気が良い日には紫外線対策を万全にしていても、曇りの日やほんの少し外に出るような時には手抜きしてしまうという方は意外と多いようです。

 

飲む日焼け止めは名前の通り飲むだけで良いので、肌を休ませたい休日にも効果を発揮してくれます。

 

また暑い日には汗と一緒に日焼け止めクリームが流れてしまうことがあるため、こまめに塗り直す必要があります。

 

日焼け止めクリームの消費が激しくなるとコスパが悪くなってしまいますが、飲む日焼け止めの有効成分は気候に関係なく働いてくれるので、暑い時期には1回分の量を増やすといった使い方はしません。

 

そのため年間を通してコスパ良く使うことができ、どんな時でも日焼けをしたくないという人に向いています。